成婚料

成婚料の考え方


一般的に結婚相談所を利用しようと考えたときにかかるお金には
「入会金」または「登録料」と言われている入会したときに払うお金があります。

 

その後入会して毎月払う費用というものが「月会費」となります。

 

結婚相談所費用は入会と月会費が基本プラン

これらの費用は基本プランとなり、その他にかかる費用もあります。
たとえば、婚活パーティへ参加した場合などです。
その場合、別途かかるのが一般的であり、費用は数千円程度です。
また、結婚相談所が主催している無料・有料のセミナーなどもあり、婚活するにはお金がかかることがわかると思います。

 

成婚料とは

では、成婚料というのは何なのでしょうか!?

 

読んで字のごとくなんですが、成婚できたときに払う費用となります。

 

成婚料の目安は10万〜20万円くらいとなっており、
結婚相談所で払う費用としてはそれなりの高額になってきますが、成婚できた場合のにも払う費用ということで
結婚相談所を使うだけでは発生しない費用となります。

 

成婚料のアリ・ナシどっちを選ぶ!?

実は結婚相談所の成婚料というのは、すべての結婚相談所にあるわけではありません。
意外と成婚料の発生しない結婚相談所が多くなっています。
とくに有名どころだと結婚相談所の成婚料はナシとなってるところが多くあります。

 

ここで考えたいポイントが、成婚料の意味合いです。
成婚料は上述したように、成婚した場合の払うお金です。
結婚相談所としては成婚料をもらったほうが経営的には嬉しいはずです。

 

しかし、成婚料をもらうためには、成婚してもらってはじめていただけるお金です。

 

つまり、成婚料がある結婚相談所のほうが親身に相談に乗ってくれたり、婚活を応援するモチベーションが高いこともあります。
こうやって考えると一概に成婚料がダメというわけではないことがわかると思います。

 

成婚料が必要な結婚相談所だと初期費用や毎月の会費が安く設定されてるケースもあります。

そういった結婚相談所を使うことで満足度が高くなる可能性もあるため、成婚料アリの結婚相談所を使ったほうが安く婚活できるかもしれません。

 

成婚を本気で考える結婚相談所

成果を重視する結婚相談所だと成婚料を設定している相談所が多くなってます。
逆にいうと、マイナーな結婚相談所ほど成婚料を作っており、最初の婚活費用を安く抑えるようにしているのです。
マイナー店は入会してもらうことに必死になっているため、入会の壁を低くしいるといえそうです。